わが家のテニス日記+その他色々II

テニス好きの父母娘の3人家族。  テニス選手を目指す娘… 今でも現役テニスのおやじ様… 加齢なテニスを繰り広げるママ… 娘の成長記録を中心に、将来娘が大きくなった時、あの時こう思っていたんだ… こういうことをしたんだ… と思い返してくれたらと思い綴り始めました。 娘のテニス話を中心に、テニスに関するあれこれ、と、たまに日常のあれこれ、B級グルメも含め記録してきたいと思います。。。。。

2015年04月

予選敗退の次の日、ラッキールーザーの発表があり何と2番目に娘の名前があった
予選で 1 つ不成立があった為、本戦に LL に 1 人は必ず本戦に入れる。
と言うことは、うちの娘は実質 LL  1 番目と言う事になる
これは行かなければ
でも、同じ山梨北杜の 12 才GSの時、同じく LL 1 番目になり喜んで山梨まで行ったのにDefがなく、寂しく帰ってきたことがある。しかもちょうどゴールデンウィークの大渋滞に巻き込まれ悲惨な目にあったことがある
まぁ、悲しい過去は水に流し再度 LL 本戦インを目指して山梨へ
渋滞もなくスムーズに到着。
無事に本戦 IN が確定し、運命のラッキールーザー抽選。
な…なんと、予選で負けた相手との対戦
何でまた…
でも、もし勝てば次に当たる 5 ~ 8 シードがDef.
で、2 回戦をせずに Best 8 
1 回負けた相手に 2 回も負けるわけにはいかない
絶対勝つ  リベンジだ と燃えていた。
しかも、前々から 16 歳で Best 8、14 歳で 優勝か準優勝したら携帯からスマホに変えてあげる約束をしていた。
ニンジンをぶら下げておいたのだ  
なんと、もし勝てばスマホもゲット出来るとあり、なおさら気合が入っていた

PIC_0001
さあ、試合開始
1 ゲーム目、相手のサービスから。
何と 1 ポイントも落とさずブレーク、1 - 0
相手も前回 6 - 1 で勝っているだけに負けられないと力が入ってるのか。
娘のサービスも 1 ポイント取られただけでキープ、2 - 0
続く相手のサービス、娘のストロークがネット、アウト…
後で聞いたら、やっぱりここで突き放したかったらしく、かなり力が入ったらしい
キープされ、2 - 1
ここから、娘の気合が空回り。
ブレークされ2 - 2 に追いつかれ、キープされ 2 - 3 と逆転される。
だが、ここで離されなかった
しっかりサービスをキープし 3 - 3
今日の娘のスライスサーブに相手のパワーレシーブにミスがあった。
その後お互いのキープが続き、ついにタイブレーク。
本当に、ドキドキさせてくれる

ここでも、何とか粘り先行が続く。
出だしよく 3 - 0、4 - 0 と先行。
その後 4 - 1、 4 - 2、 5- 2、 5 - 3、 6 - 3、 6 - 4、 6 - 5…
最後は相手の子のダブルフォルトで 7 - 5。

何とか、勝たせていただきました。
実力的には相手の方が上だったかなぁ…
サーブのパワー、ストロークのパワー…
でもよく粘りあきらめず良く頑張った。

これで Best 8

おめでとう
おかげで、又 9 日山梨まで来なけりゃ…
スマホも約束通り買わなきゃ…
嬉しい悲鳴

朝起きると、南アルプスの山々が美しかった。
良く晴れている  
1430026641972
朝8時に会場に入って、出場している同じクラブの子と20分練習。
1430026671137
ひと休みして9時30分試合開始。
1430026657401
相手の子のサービスもフラット系でファーストセカンドとも早い。
ストロークもいい。
やはりフラット系ナチュラルスピンで球も早く深い。
第1ゲーム、サービスをキープされ0 -1。
ストロークのネット、ダブルフォルトで先行を許す、0 - 2。
フラット系のネットに近いところを通ってくる速い球にストロークで押される。打ってくるなぁ、0 - 3。
30 - 0でリードするも、その後のストローク戦で押される。
相手の子のボールが速く深いためどうしても押されスピンがかからずアウトになりダウン、0 - 4。
いや~、上手い。サーブで圧倒され返したレシーブを叩き込まれる、けどコースもいい、0 - 5。
娘も単調な打ち合いから、ムーンボール、ショートクロスを混ぜペースを変える作戦が功を奏しストロークの粘りと相手のレシーブミスとで1ゲーム奪う、1 - 5。
相手のサービス。良く粘った… デュース6回もむなしく、最後はストロークがバックアウト、1 - 6。
相手が強かった。
7ゲーム目を取っていたら流れも変わったかも知れなかった。

試合後、車の中で娘と7ゲーム目の話をした。
私は
「かなり粘ったのに惜しかった。残念だったね。」
と言ったが、娘は…
「6回デュースの後のアドバンテージは相手のマッチポイントは2回、私のブレークチャンスが4回あった。相手の倍チャンスがあったのに生かせなかった自分未熟だった。あそこを取れていえば挽回出来た。」
と言って悔しがった。
へ~ぇ。
いっちょ前の事言う様になったじゃん。
ちょっと、選手らしくなって来たか…
これを糧に次の勝利のために努力してください。
これからに期待しましょう。

ここで、ひとつ面白い話を…
今日の負けを次の勝利の「糧」にしなさい。
と言ったら、娘が変な顔をするので
「糧ってわかる
って聞いたら、どう言う意味分からないと。
「じゃぁ、言い方を変えると、肥しだよ。今日の負けを次の勝利の肥やしにしろと言う意味だよ。」
「えっ… 」
「肥やしって知ってる
「知らない…」
「ホント  …」
「んんん… 栄養ってことだよ」
「今日の負けは、次の勝利の栄養だ、分かった
「へぇ… 今そんなこと言わないよ…」
だって。
糧、とか肥やしって言わないのか…
今そんなこと言わない、じゃなくて、知らないだけだろ…
恥ずかしいぞ

で、せっかくだから、嫁への土産も兼ねて信玄餅の桔梗屋本社工場に寄った。
信玄餅の詰め放題はさすがに終わっていたが、半額の信玄餅と、初耳の信玄生プリンを購入。
そして、もちろん記念写真と信玄ソフトをパチリ
BlogPaintBlogPaint
1430026858240
美味しゅうございました。

今日は朝から娘をクラブに連れて行きテニスをしてご飯を食べて8時に山梨に出発
今日は娘を独り占めです。
嬉し~い
100円ショップで材料を買って来て作ったシェードを作りました
新聞紙で窓の型紙を作り保温シートを切って、角に吸盤を取り付けリングで止めて出来上がり。
image
image

バッチリでしょ
実際に山梨の道の駅にらさきに停めて中から写真を撮ったらこんな感じ。
image

ランタンと毛布を持ち込み明るく快適。
ちょっと高さが取れないので起きれないけど寝る分には快適すぎる。
娘も最高 ワクワクして寝れない って…
いやいや寝てもらうためにこうしてるんですけど…

私が車中泊の準備をしていて、娘がお風呂に入っているとき、嫁が私に話しかけてきた。
日曜日、私が外でエアーベッドを広げたり何だかんだしている時、嫁が娘に
「朝早く出ていけばいいだけじゃないねぇ」
って娘に言ったら、
「まぁいいじゃん、パパの楽しみなんだから」
って言ってたらしい。
嫁が私に
「良かったね」
だって…
娘が
「ベッドの寝心地最高」
とか
「キャンプみたいで楽しみ」
言ってたのは私に合わせてくれてたのね…
… んんん …
大人だ…
私より大人だ…
うるうる…
ここは
「なんだ… 喜んでるのは私一人か」
とネガティブに取らず
「流石、我が娘 なんて優しくていい子なんだ
「娘も付き合ってくれるんだから、楽しく出来るだけ快適にしよう」
とポジティブに行こう
嫌がられない程度に…
張り切っちゃおう
程々に…

何の準備かって
フフフフフ…ッ
来週日曜日、山梨北杜ジュニア…
山梨行くんですよ。
以前北杜行って帰り大渋滞に巻き込まれ、帰るのに7時間位かかったのでそれ以来、北杜は出てなかったんだけど、娘の腰でテニス休んでいてポイントが無くなったのでそうも言ってられなくなった。
挙げ句の果てに、柏ジュニアは渋滞でデフォっちゃったし…
で、試合が日曜日だから土曜の娘の練習の後ご飯食べて風呂入ってその日に山梨に行っちゃおうと
何と  ラッキーな事に、日曜日はマンションの理事会 (ウチ、副理事だからすっぽかせない…) があって嫁に理事会出席を頼んで山梨は私と娘と二人だけ
で、最初はどこか宿に泊まろうか…
と探したけど適当なところが見つからず…
そして思い付いたのが「車内泊」
ネットで調べてみると、結構流行ってるみたい。
車は高速のサービスエリアか道の駅に止めるらしい。
サービスエリアはもちろんの事、道の駅も24時間駐車場とトイレを開放してくれているようだ。
ウチの車はプリウスα で、3列目と2列目を倒すと広~い空間が
それで…
買いました エアーベッド
奥行190、幅120、厚さ25cm
そのエアーベッドが電動のパワーポンプ内蔵型。
でついでに12V/100Vのインバータも買っちゃいました
どうです  バッチリでしょ
1429366977776
ベットが厚かったので天井までがちょっと近いけど、娘と寝てみて大はしゃぎ。
嫁もやって来て寝てみて…
これで娘が独り立ちしたら二人で色々行けるね…って
嫁と二人はちょっと…
うそですっ、そんな事はないですって
エアーベッドだから空気を抜けばコンパクト。
1429366969009
後はサンシェードを作んなくっちゃ
もう型紙は作ったから後は100円ショップで材料を買って来て切るだけ。
ちょっとしたキャンプ気分。
早く来週の日曜日が来ないかな。
テニスよりもそっちの方が楽しみだったりして

↑このページのトップヘ