わが家のテニス日記+その他色々II

テニス好きの父母娘の3人家族。  テニス選手を目指す娘… 今でも現役テニスのおやじ様… 加齢なテニスを繰り広げるママ… 娘の成長記録を中心に、将来娘が大きくなった時、あの時こう思っていたんだ… こういうことをしたんだ… と思い返してくれたらと思い綴り始めました。 娘のテニス話を中心に、テニスに関するあれこれ、と、たまに日常のあれこれ、B級グルメも含め記録してきたいと思います。。。。。

2015年06月

今日は変な天気だった。
朝から天気が良く、私のテニスは朝から出来た
足が完治してないのに我慢できずやってしまった…
夕方、娘のテニスに送っていく時、真っ黒な雲がモクモクと現れた
私達は明るい方へ明るい方へ、雲は私たちを追いかけてくる。
娘のクラブに着いたときは雨は降っていなかったが、案の定雨がポツリポツリ…
次第にザーザー
何と言う天気の変わりよう
5 時からの開始を見合せ30分遅れて練習スタート。
さすが雨の国、日本で考案されたオムニコート
しかも娘のクラブは水捌けが良く全く水がたまりません
雨は断続的に強く降ります。
それでも少々の雨では練習はやめません
1435502175507
雨にもマケズ…
もちろん気温が高く風邪をひかないこととは考慮されての事。
(練習後はみんなすぐに着替えました。)
2回ほどにどしゃ降過ぎてさすがに一時退却。
その後小降り () になったのですぐ再開。
結局時間までしっかり練習
みんな頑張れ
上手くなれよ

今日は娘のテニスに送っていって練習を見学。

ふと空を見ると夕焼けで空がピンク&オレンジ色に。

でも青空も見える…
1435405842772
とてもビューティフル

回りの家の人も窓を開けて見ているほど。

コートの照明とあいまってテニスコートがとても明るい。

青い空と夕焼け空とテニスコート…

美しい風景だ

約 1 ヶ月前の捻挫から3 週間目、少し足首のむくみはあるものの足首、膝とも痛みはなくなったのでテニス復帰。
そして先週金曜日から再び膝が痛くなった
捻挫の足首をかばいすぎての膝痛か…
まともに歩けず、階段の登り降りが出来ない
膝が曲げられないのだ。
でも、足首は全く痛くない。
土日、気が付くと足首もむくんでいる
とにかく膝と足首のアイシングをしてじっと家にいた。
月曜日も出張があり、もう耐えられない。
今日、半休をもらって娘がお世話になっている緑園ゆきひろ整形外科に行った。
てっきり、足首の捻挫をかばって…と思っていたが
検査の結果、石灰性腱炎だそうだ
太りすぎや痛風じゃなくて良かった…
石灰性腱炎は通常は肩に起こるものらしい。
膝をレントゲンで撮って見てみると
骨から延びる筋と筋肉の間にハッキリと白い影が見える。
明らかに骨とは違う白い影が。
コレが石灰なのだそうだ。
原因、治療法が分からないって…
筋肉と筋の付け根あたりから石灰が染み出してくるんだって…
この石灰があると痛みが出るらしい
これがいつの間にか溶けてなくなるらしい。
んん~っ、こんな病気があるのか…
石灰性腱炎… 恐るべし
実はいつからかは分からないが気が付いたら膝が痛くなっていることがある。
しかもたいがい左膝で、階段の登り降りがキツかった。
でも、気が付いたら良くなっていた。
これだったのか…
足首も長年のテニスで骨と骨の間が狭くなっていて、骨も変な所が出っ張っていたり…
それの炎症っぽい。
いやぁ~、歳には勝てないのか…
たまには医者に行った方がいいね。
あ… 薬は痛み止めとロキソニンハップ。
痛みどめで少しは落ち着いたが、まだ階段が降りれない
まあぁ、治療法が無いんじゃねぇ…
治るまで良い子に待ちますか…

昨日平成27年度の第1回総会が開かれ、この度縁あって横浜市旭区テニス協会の理事に任命頂きました。
1434791556869(1)
微力ではありますが旭区の硬式テニス普及、区民体育の向上に貢献したいと考えています。
2015年度はミックスダブルス(ミックスダブルスは既に開催済み)、男女ダブルス、男女シングルスで一般、ベテラン、スーパーベテランの部を開催する予定になっています。
旭区以外の方でも旭区テニス協会の加盟団体に加入頂くか、加盟団体として旭区テニス協会に登録いただければ出場可能です。
是非、旭区の硬式テニスを盛り上げていきたいと思います。
最初の仕事として、旭区硬式テニス協会のホームページを作りました。

http://asahi-tennis-association.blog.jp/

これから色々と情報発信させて頂ければと思います。

久しぶりの大磯だ。
大磯ジュニアテニスアカデミーでの娘の練習以来。
天気も良いし   海もキレイ
さあ相手のサービス、娘のリターンから。
1434175702051
リターン、ストロークが豪快に吹っ飛んで行ってる
アドレナリン出過ぎじゃない  0 - 1。
サービスは入っているが、ちょっとまだストロークが安定しないけど何とかキープ、1 - 1。
相手の子フォアもバックも両手打ちでハードヒット。
良く回転のかかったロブも入って来てストロークに押され、1 - 2。
サービス、ストローク良くナイスキープ、2 - 2。
ストロークが良く回転しっかりとかかって深所で落ちる、2 - 3。
ストロークで競ったものの最後は前に出てボレー、デュースを征してキープ、3 - 3。
ファースト良く入りストロークもいい、なかなかブレーク出来ない、3 - 4。
ファーストが入らなくなりダブルフォルト2 本。
そして深くて良く落ちるストロークについにブレークされる、3 - 5。
ストロークが深くて良く跳ねる。
30 - 0 とリードするも、良いロブで挽回され、3 - 6。
ワンブレーク差で負け
まさかの予選1回戦負け
試合後娘が言うにはフォア、バックとも両手打ちで良く回転のかかって、特にロブの返球がキツかったらしい。
最初ストロークが吹っ飛んでいたけど、途中からは良かった。
確かに、ストロークは娘のエースもあったり良かったが、ほとんどロブでやられてた。
前に出てのボレー、ファーストサービスからの3球目攻撃、バックハンドの逆クロスウイニングショット… 悪くなかった。
ちょっとの差だなぁ…
確かに良い勝負だったが、でも所詮予選の 1 回戦目。
惜しかったなんて言ってる場合じゃない。
1 セットマッチの短い試合でのダブルフォルト 2 本でのブレークは痛い…
どんな相手だろうと取りこぼしている場合じゃないぞ。
試合後娘と周りの試合を見に行ったが…
確かに予選1回戦負けだが、何でいつもこんなにドロー運が悪いんだろう…
と親子でガックリ…
運も実力のうちかぁ…
ポイントが遠いなぁ…

↑このページのトップヘ